IT重説について

来店せずに契約できる!IT重説とは?

不動産の賃貸借契約の際、宅地建物取引業法によりこれまでは宅地建物取引士が対面で重要事項説明を行うことが義務づけられておりましたが、平成29年10月より来店せずにWeb会議システムなどを用いて、オンラインで行うことができるようになりました。

IT重説のメリット

遠方にお住まいの方や、ご多忙の方などでも、パソコンやスマホといった通信環境が整っていれば1時間ほどの時間でいつでもどこでも受けることができます!

また台風や大雪等の天候不良や交通障害、その他不測の事態でお客様の外出が困難になったとしてもIT重説があれば対応することができます。

IT重説の流れ

  • Step01

    重要事項説明書を郵送で受け取る

    契約を結ぶ前に当社から重要事項説明書等案内書類を郵送いたします。
    手元に書類がない状態でIT重説を行うことはできないので、もし書類が届いていない場合は必ず当社にご連絡ください。また書類が届いたら早めに中身の確認をお願いいたします。

  • Step02

    日程の調整

    IT重説を行う日を調整します。
    宅地建物取引士がいないと契約を進めることができないので早めの予約をおすすめします。

  • Step03

    IT重説を受ける

    通信が開始されたら担当者の案内に従って、音声や映像などの乱れがないかお互いに確認をします。重要事項説明を開始する前に、必ず宅地建物取引士証を提示してお客様に確認していただきます。
    (画面に映った担当の顔と「宅地建物取引士証」の写真が同一人物かと名前と登録番号を確認して読み上げます。)
    またお客様も契約者本人様であるかを確認いたします。
    ※ビデオ通話に必要なアプリケーションを入れて頂く必要のある可能性がございます

  • Step04

    重説に捺印して返送

    IT重説の内容確認ができましたら重要事項説明書などの書類に記名・捺印していただき、当社まで返送していただきます。
    間違えた場合でも修正テープを使わず、修正箇所に二重線と訂正印を押してください。