中古リフォーム・リノベーション

中古購入&リフォーム・リノベーションは住宅に対するこだわりを実現しやすいと言われる住宅購入方法です。

中古住宅を購入してリフォーム・リノベーションをする事は、新築や注文住宅にはないメリットがあります。 ではどのようなメリットが、中古住宅&リフォーム・リノベーションにはあるのでしょう。

新築だけで探すよりも、多くの物件から探す事ができる
首都圏では住宅の数が多い分、中古住宅の戸数も多く様々な種類があります。
特に中古マンションの流通戸数は多く、面積・立地など、選択肢の多さは新築とは比較になりません。
希望のエリアや条件で物件が見つかりやすい
立地を絞って探すと、なかなか希望に沿った新築物件が無かったり、
今後も建つ予定がなかったりします。
しかし中古住宅ならば物件数も多く、希望のエリアで物件を見つけられる可能性がより高まります。
実際に部屋を確認した上で購入可能

新築一戸建てや新築マンションの場合、基本的には建物が完成する前に販売がスタートします。 規模感やお部屋の広さ、眺望や日当たりなど確認できるのは数字や情報のみ。実際の近隣や道路等の騒音や遮音性を確認することはできません。
中古住宅の場合、基本的には実物を見る事ができるため、建物を確認してから購入できる安心感があります。
その際、内装等だけでなく今後リフォーム等では変えられない天井の高さや近隣住宅との距離感などをしっかり目で確認しておく必要があります。

暮らしに合ったマイホームでの生活

リフォーム・リノベーションの大きな利点として、家族やライフスタイルに合わせた家にすることができるということです。
不要な部屋数を減らして広いリビングに変えたり、家事の効率を高めるための導線を変更したり、家族の集まりやすい家にすることも可能です。
購入と一緒にリフォームすると、大規模な間取り変更や内装・設備の変更も
一度に完了できるため、効率もよいのが利点です。

他にもこんなメリットが!
購入と同時にリフォームをするとなぜお得になるのか?
では、実際に中古住宅の購入と一緒にリフォーム・リノベーションをすると、ローン・費用面についてはどのようなメリットがあるのでしょうか?
2500万円の中古住宅を購入+500万円のリフォームを行った場合

1. 中古住宅購入と別でリフォームを行った場合
(住宅ローン・リフォームローンを別々に借りた場合)

中古住宅 2500万円 リフォーム費用 500万円
借り入れ年数 35年 15年
金利【変動】 0.875% 3.975%
毎月の返済額 69,125円 36,922円
毎月の合計返済額 中古住宅    29,032,500円
リフォーム費用  6,645,960円

総支払額 35,678,460円

2. 中古住宅購入と一緒にリフォームを行った場合
(住宅ローンでまとめて借りた場合)

中古住宅 2500万円 リフォーム費用 500万円
借り入れ年数 35年
金利【変動】 0.875%
毎月の返済額 69,125円 13,825円
毎月の合計返済額 中古住宅    29,032,500円
リフォーム費用  5,806,500円

総支払額 34,839,000円

1の場合と比べて、2の方が総支払額で比較すると
839,460円もお得です!!

もし中古住宅の購入と一緒にリフォーム・リノベーションをお考えの方は、必ず頭に入れておきましょう。
お得で満足のいくマイホーム探しにお役立てください。

又、住宅購入をご検討中のお客様、物件探しからご相談をお受け致しますので、お気軽に当社へご相談・お問い合わせください。