マンションと戸建てどっちがいい?

マンションと一戸建て、何を基準にどう選んだらいいかわからない!

マンションと戸建ての選択基準

マンションと一戸建て、マイホーム購入のタイミングで多くの方がそこで迷っているようです。
生活スタイルなどによりメリットデメリットが変わります。
ここではマンションと一戸建て、双方のメリットとデメリットを整理していきましょう。

大きなちがいは、土地の所有形態
まず、大きなちがいは、土地の所有形態にあります。
一戸建ては、基本的に敷地のすべてが購入者のものになります。
自分のタイミングで土地を売ったり貸したりすることが可能です。一方、マンションの敷地に関しては購入者(区分所有者)全員の共有物となりますので、当然購入者一人だけのものではありません。
建物の権利形態も違う!
また、建物の権利形態も異なります。
一戸建てはすべて購入者のものになりますが、マンションでは購入者が自由に購入・売却できる専有部分と、購入者全員で管理する共有部分とに分かれています。
費用面での違いとは?
まずは一戸建てとマンションの両方に発生する費用を確認しましょう。
共通でかかる費用
  • 契約書の印紙
  • 登記費用
  • 信用会社に支払う保証料、融資手数料(融資の際)
  • 担保設定費用(融資の際)
  • 火災保険料
共通でかかる費用
  • 固定資産税
  • 不動産取得税
  • 都市計画税
それぞれのメリット
  • 一戸建てのメリット
  • マンションのメリット
それぞれのデメリット
  • 一戸建てのデメリット
  • マンションのデメリット
物件ごとの違いとは?
  • 一戸建ての違い
  • マンションの違い
生活する上での違いとは?
戸建てとマンション、それぞれの生活面におけるメリットデメリットを確認しましょう。
それぞれのメリット
  • 一戸建てのメリット
  • マンションのメリット
それぞれのデメリット
  • 一戸建てのデメリット
  • マンションのデメリット
一戸建ては家族の暮らしを考え静かで落ち着いた環境を求めて、駅から少し離れて建てられることが多く、マンションは一般的にコンパクトで効率的な住まいとして、通勤や買い物などに便利なように駅の近くに建てられることが多いです。生活環境を優先するなら一戸建て、利便性などの立地の良さを重視するならマンションが合っているといえるでしょう。