不動産売却方法 「仲介」と「買取」の違い

一般的な不動産の売却方法として「仲介」と「買取」があります。

仲介の場合

不動産会社に購入希望者(買主)を探してもらい
売却を行います。

買取の場合

不動産会社があなたの不動産を買い取ります。
つまり不動産会社が直接買主になります。

「仲介」と「買取」は売却価格・売却までにかかる期間・売却の手順にも大きな違いがありますので、 それぞれのメリット・デメリットをよく理解して、ご自身に合う売却方法を選択しましょう!

仲介の場合
買取の場合
仲介 買取
買主 不動産会社が探してきた購入希望者 不動産会社
価格 相場価格と大差なく売ることができる 仲介より売却価格は低くなりがちです
要する期間 購入者を探し、その後条件交渉などが発生するため比較的時間がかかる 買い手が不動産会社になるため、
買い手を探す手間や条件交渉の時間が軽減できる。
仲介に比べ比較的短い期間で売却可能
仲介手数料 仲介手数料が発生する 不動産会社が買主になるため不要
広告宣伝 インターネット・チラシなど
物件情報を掲載し広告活動を行う
※周りに極力知られたくない場合はご相談ください
不動産会社が買主になるため不要
メリット 相場価格と大差ない価格で売却できる
可能性がある
時間をかけて購入希望者を探すことで、より良い条件で売却できる可能性がある
売却の可否が判明すれば比較的短い期間で売却可能
仲介手数料がかからない
広告を出さないので、周囲に気づかれず売却可能
デメリット 売却まで長期間、時間を要する場合がある購入希望者の内覧希望に都度対応する必要がある 仲介より売却価格が低くなりがち
買主
仲介 購入を希望する主に個人のお客様
買取 不動産会社
価格
仲介 相場価格と大差なく売ることができる
買取 相場価格より安くなる可能性がある
要する期間
仲介 購入者を探し、その後条件交渉などが 発生するため比較的時間がかかる
買取 買い手が不動産会社になるため、
買い手を探す手間や条件交渉の時間が軽減できる。
仲介に比べ比較的短い期間で売却可能
仲介手数料
仲介 仲介手数料が発生する 仲介手数料についてはこちら
買取 不動産会社が買主になるため不要
広告宣伝
仲介 インターネット・チラシなど
物件情報を掲載し広告活動を行う
※周りに極力知られたくない場合はご相談ください
買取 不動産会社が買主になるため不要
メリット
仲介 相場価格と大差ない価格で売却できる
可能性がある
時間をかけて購入希望者を探すことで、より良い条件で売却できる可能性がある
買取 売却の可否が判明すれば比較的短い期間で売却可能
仲介手数料がかからない
広告を出さないので、周囲に気づかれず売却可能
不動産会社が買い取るため瑕疵担保責任は免除される
デメリット
仲介 売却まで長期間、時間を要する場合がある
購入希望者の内覧希望に都度対応する必要がある
買取 仲介より売却価格が低くなりがち

「仲介」「買取」どちらでもお気軽にご相談ください。お客様に最適な売却方法をご提案致します。

どちらの方が自分に合っている?

自分のスタイルを考え「買取」か「仲介」かのどちらが良いか決めていく必要があります。

  • 売却価格重視(「買取」よりも「仲介」の方が高く売れる)
  • スピード重視(「買取」の方が比較的早く売れる)

他にも需要と供給のバランスを知り、売出価格と価格見直しのタイミングを考える必要があります。

不動産の価格はどう決まる?需要と供給のバランスとは

中古物件には定価というものがありません。周辺物件の不動産相場が基本になります。
そのうえで駅や学校、施設(スーパー・病院等)からの距離・築年数・建物面積・日当たりといった様々な条件によって変化もします。よって自分が購入した価格が基準になるわけではありません。

また買いたい人と売りたい人、つまり需要と供給バランスによっても価格が変動します。
例えば買いたいという人に対して売りたい物件のほうが多い場合には物件価格は安くなり、逆に買いたい人に対して売りたい物件が少ない場合は価格が高くなる傾向にあります。