不動産売却に必要な書類とは

不動産売却時には様々な資料が必要です。
事前にどんな書類が必要か把握しておくことでスムーズな取引が行えます。
書類の準備時期は担当者に確認しておきましょう。
※○:必須書類 △:任意又は該当者のみ ×:非該当

項目 内容 マン
ション
一戸
建て
土地
@身分証明書
(免許証やパスポート等)
本人確認のために必要になります。
A登記済権利書、
もしくは
登記識別情報
登記名義人がその物件の真の所有者であることを証明するものになります。
売却物件の内容確認、および所有者の移転登記時に必要になります。
B実印・印鑑証明書 印鑑証明書は、発行から3カ月以内のものを
用意します。
共有者がいる場合は共有者全員分が必要です。
C固定資産税納税通知書
および
固定資産税評価証明書
固定資産税の確認や、移転登記の際の登録免許税の算出に必要です。
D住民票 現住所と登記上の住所が違う際に
必要になります。
E土地測量図
境界確認書
戸建てや土地の売買に必要な書類です。
特に境界線は明確になっていないと、後々隣接地の所有者とのトラブルになりかねません。
×
F建築確認済証
および検査済証
戸建ての売買の際に必要となります。
該当物件が建築基準法で定められた基準で建築されたものかを証明するものです。
×
Gマンションの
管理規約、使用細則
維持費関連書類
売却する不動産がマンションの場合は
必要です。
ペットの飼育が可能かなど、どのような管理規約になっているかの情報を得ることが
できます。
×
Hローン残高証明書
あるいは
ローン返済予定表
住宅ローンの残債がある場合残債の総額を知らせるために必要です。
I賃貸借契約書 もし賃貸として貸し出している場合は必要になります。
紛失してしまっている場合等は担当者に相談してみてください。
また上記以外にも売却する不動産によっては必要なものが異なるので
担当者に確認を取っておきましょう。