少しでも高く売るポイント

いざ売却する際に何も考えずに売却を依頼してしまうと、数百万円単位で大損をしてしまう可能性があります。
家を売る際にはしっかりと計画を立てて賢い売却活動をしましょう。

1.現在の自分の状況の把握と売却する理由を考えましょう

現在の手元資金、住宅ローン残債や月々の返済状況などの経済状況を確認しましょう。
売主様のご状況によって、どのように売却を進めるかが、よりうまく売却するポイントになります。
特に、どのぐらいの期間内に売却を希望するかによって売却方法が変わってきます。

2.信頼できる不動産会社・担当者を選ぶこと

実際に家を売却する際には、自力で買主を探すことは非常に難しく、ほとんどの場合は不動産会社に依頼する形になります。

その際に、不動産会社を選ぶ基準として一番失敗するケースは、売却査定価格だけで不動産会社を選んでしまうことです。 査定価格ももちろん大事ではあるのですが、査定価格=売れる価格 である保証はありません。

売主様の要望やスケジュールを把握し、売却活動に対してしっかりアドバイスをしてくれる不動産会社を選ぶことが大事です。 そして何より売主様自身がこの人なら任せられるという担当者に依頼することが大事でしょう。

3.売り出し価格設定と段階ごとの売却価格を決めること

3つ目に大事なポイントとしては、「売却価格」をいくらに設定するかという点になります。

では、具体的な売却価格の決め方ですが、売却査定価格などを基にしてある程度売り出し前に目安となる価格を設定するとよいでしょう。
ポイント
目安の価格設定とは

よくある価格設定は

希望価格
@
売主様が売りたい価格
相場価格
A
おそらく売れるであろう価格
限界価格
B
これ以上値下げできない

の三つになります。

売主様の状況によりますが、時間的な余裕があるのであれば、まずは希望価格から売り出してみてもいいかと思います。
相場価格からは高くなってしまうと思いますが、売れる可能性もありますので最初はこれでよいでしょう。

もし時間的余裕がなければ相場価格で売り出すことが必要かもしれません。

最後に限界価格ですが、これ以上値下げできないという価格を決めておきますと、買主からの値引き交渉が発生した際に落ち着いて対応できるでしょう。

どちらにしろ、この売却価格設定は不動産のプロと相談の上、慎重に決めたほうがいいでしょう。

4.買い手の立場になって内覧に対応する

内覧は見込み客へのプレゼンテーションのようなものであり、売却希望価格で購入してもらう為にも非常に重要なポイントです!

内覧をしてもらう為に 内覧したい!と思ってもらえるような販売図面を作ってもらうために、担当者にはできる限りわかりやすいセールスポイントを伝えましょう。
また内覧希望日にはできる限り対応したほうが良いです。
急なケースで対応できなかった場合でも先延ばししすぎないようにしましょう。

内覧当日のポイント 内覧前には必ず掃除をしてください。汚い部屋を見せても成約には結び付きにくいです。
室内をきれいに清潔感をアップするのは大切です。特に玄関は物件の第一印象を決めることになります。
できれば電球は明るいものにし、靴箱の臭いにも気を付けましょう。また水回りをきれいにすることも印象アップにつながります。
ご案内直前は空気の入れ替えを行い、必要に応じて室温の調整等、購入希望者の方に気持ちよく内覧してもらえるような環境づくりに努めましょう!

5.内覧者から情報収集する

内覧していただいた購入希望者はお客様の不動産に興味を持っていたからこそ内覧をしたはずです。
しかし複数の物件と比較した結果、別の物件に決めることも多くあります。その際に可能であれば物件を選ばなかった理由を不動産会社にヒアリングしてもらい、改善できるところは改善していくと良いでしょう。